世の中には2種類の人間関係の作り方がある!生きづらいと感じている人へ

#スタイル

皆さんは自分のコミュニケーションの取り方が当たり前で、人も同じ考え方でコミュニケーションを取っていると思っていませんか?

今回書く内容は完全に私個人の見解ですが、私は人には2パターンの人がいると思っています。

この2パターンは全然違うコミュニケーションの取り方なので、理解し難かったり、コミュニケーションの取り方が違う事によって嫌な気持ちになる事があった方は、その相手とコミュニケーションの取り方の種類が違った可能性があります。

今回はこのコミュニケーションの取り方の違いについて説明したいと思います。

人のコミュニケーションタイプは2パターンある


私が今まで生きてきた経験によると、人のコミュニケーションの取り方は2パターンあります。

八方美人タイプと身内贔屓タイプの2つに分かれます。

八方美人タイプ

八方美人タイプの人は「八方美人」と言う言葉を使うと嫌な感じがしますがそうではなく、周りにいる多くの人に好かれて円滑な人間関係を築く事ができます。

このタイプの人は周りにいる人たちとの人間関係が上手く行かない方がストレスで、多少自分の気持ちに嘘をついた言動・行動をしてでも人間関係を円滑に進ませようとします。

良く言うと人間関係を誰とでも円滑に築く事ができ、悪く言うと人間関係で本心を言わない事がよくあります。

でもこのタイプは自分が上手く人間関係をこなせない事が1番のストレスなので、嘘をつくよりストレスが溜まらない方を選択するとこうなってしまいます。

身内贔屓タイプ

もう1つのタイプは身内贔屓タイプです。

身内贔屓タイプは、身内と身内以外の人間関係の線引きがかなりハッキリしています

自分の中で「身内」だと線引きした人間にはトコトン親しく優しくしますが、「身内」だと思っていない人には表面的な付き合いしかする事もなく、「嫌い」だと認識した相手にはわかりやすく嫌いな態度をとります。

このタイプは人への好き・嫌いの感情を偽ったり、無理して自分に嘘をついてまで自分が好きじゃない人と仲良くする方が円滑な人間関係を築くよりもストレスに感じるため、極端な人間関係を築きがちです。

恋人が「嫌い」と言っていた人に対して自分の目の前でヘコヘコしていたり、嫌いではない態度を取っているのを見てしまうとイッキに相手の事が信用できなくなるのがこのタイプの特徴なので、これに当てはまる人は身内贔屓タイプです。

2タイプのメリット・デメリット

私が思うに、この2つのタイプは生まれながらの気質です。

よく、算命学や四柱推命などの統計学を用いた生年月日から鑑定する占いで「あなたは〇〇な人間です」と言われますが、そのレベルで生まれた時から決まっている気質で、私は大人になってから簡単に変えられる性質ではないと思っています。

変わらない気質ですが、各々のタイプにメリット・デメリットがあります。

八方美人タイプのメリット・デメリット

八方美人タイプのメリットは、円滑な人間関係を築ける事です。

これは社会生活を送る上でかなり重要な性質で、このタイプの人がいなかったら世の中の人間関係の多くが壊れてしまうでしょう。

一見デメリットはないように見えますが、このタイプは嫌いな人に対しても親切にしたり、好きな態度を取るため、いい事を本音で言ってもお世辞に捉えられたり、イマイチ信用されない時があります。

また、このタイプは恋愛では無尽蔵に「誰にでもチヤホヤされたい」願望がある人が男女共に多く、好きでもない相手にもハッキリ嫌いな態度を取らず、誰からも好かれようとする人が多いので、その恋愛に関係がある人には不信感を抱かれやすいです。

身内贔屓タイプのメリット・デメリット

身内贔屓タイプのメリットは八方美人タイプは真逆で、敵味方がハッキリしていて身内にはトコトン深い仲を形成するので、何かあった時に身内からは絶対的信用を勝ち得る事ができます。

また、嫌いな人に対して嫌いな態度をハッキリ取るため、好きな人に好きな態度を取った時や何か意思表示をしたい時に周りからは「あの人は嘘をつけない人だから本当の意思だろう。」とすんなり信用してもらえます。

デメリットは人間関係が極端になりがちな事です。

多くの身内贔屓タイプは八方美人タイプのように人間関係を上手く築ける人を羨ましいと思っていますが、自分の感情を偽る方がストレスだから仕方ないと円滑な人間関係を諦めています。

偽ってまで上手い人間関係を築くストレスに負けて、本音を言って揉めたり、人間関係をフェードアウトしてしまいがちです。

違うタイプ同士の恋愛

身内贔屓タイプは八方美人タイプの人とお付き合いするのは難しいと感じでいます。

何故なら、身内贔屓タイプは八方美人な態度を恋人が他人にすると「何であの人を嫌いって言ってたのに今は好きな態度を取っているんだろう?」とイッキに相手を信用できなくなったり、気持ちと態度がバラバラな事に常にイライラしてしまうからです。

一方、八方美人タイプの人は身内贔屓タイプの人が「嫌いな人間にあからさまに嫌な態度をとったりすることを信じられない」とは思っていますが、誰とでも円滑な人間関係を築こうと努力できるので「この人はこう言う人なんだ」と思えれば我慢でき、身内贔屓タイプとも付き合う事ができます。

ただ、この両タイプが付き合う時は大勢の人間関係の中の2人ではなく、他に共通の人間関係のない2人だけの世界でないと容易に身内贔屓タイプから信用を無くす可能性があるのでグループ交際などは避けた方がいいです。

身内贔屓タイプは恋人が自分以外の異性にいい態度を取るのも嫌いなので、共通の知人などにあまり八方美人な態度を取りすぎると信用してもらえなくなる可能性が高いから気をつけましょう。

逆に身内贔屓タイプ同士のグループ交際は、両者共嫌いな人にあからさまに嫌な態度を取ったり身内と身内以外で線引きするので、お互い信用できる相手だと安心できるポイントになります。

友人は違うタイプの場合も多い

身内贔屓タイプは恋人には八方美人タイプを選ぶと精神的に苦労するのですが、恋人以外の信頼している人は八方美人タイプも多いです。

理由は八方美人タイプの人は身内贔屓のダメな行動を上手く受け取って、みんなと馴染ませてくれて円滑に人間関係を運んでくれるからです。

身内贔屓タイプは1度相手の事が嫌になるとすぐ相手をシャットダウンして身内以外の分類にしてしまったり、縄張り意識が強い同士は仲良くなるまで時間もかかるので、意外と友人であれば違うタイプでも相性はいいです。

損得勘定が働けば我慢できる

ここまで書くと「身内贔屓タイプは社会生活が無事行えるのか?!」と思う方もいるかもしれませんが、損得勘定が働いて、得の方が上回ればある程度は嫌な相手でも頑張れます。

だから仕事の関係者にはそんなに極端な人間関係を作る人だとバレていない場合も多いです。

ただ例えば水商売やアイドルで言えば、八方美人タイプの方が圧倒的に有利だと思います。

八方美人タイプとお客さんの距離感と身内贔屓タイプとお客さんの距離感がそもそも違うからです。

どんなに身内贔屓タイプが八方美人タイプが得してるように見えたり憧たりして、似たような努力をしても、同じくらい利益や効果をもたらせないし、そもそも八方美人タイプとスタート地点が違うのでそこに達するまで努力ができないのです。

だから身内贔屓タイプは八方美人タイプと同じような努力をしようとしないで、違う方向性の努力で結果を出せばいいんです。

身内贔屓タイプの私の話

長年生きづらいと感じていた

私は完全に身内贔屓タイプなのですが、世の中に八方美人タイプの人も存在するこの事に気付くまでは、親しい人と「あの人嫌い」だと2人の時は話していたのに、私の前でその嫌いな人に普通に接しているのを見ると一気に相手に不信感を抱いてしまったり、少しの事で相手を「身内以外」に分類してしまい、人と上手く仲良くできなかったり、生きづらいと感じでいました。

今は八方美人タイプの人の行動を「そっちのタイプの人なんだ」と思えますが、若い頃は自分の思考を他の人もしていると信じて疑わなかったので、私に話していた内容と行動が伴わない時はいつも相手に裏切られたような気持ちを感じていました。

あと本当は私たち身内贔屓タイプも人には嫌われたくないし、八方美人タイプの人たちを羨ましいと思っている部分もありますが、「嫌いな人と無理して仲良くするよりはマシ」と言う感情が勝って、仕方なく極端な人間関係を形成しています。

どちらのタイプもどっちの方が自分にストレスかと言う違いなので、どちらが良いとか悪いとかはありません。

ただ、自分と違うタイプが存在するのを知る事で生きづらさは少し解消されると思います。

チヤホヤされるのも苦手


八方美人タイプは、仕事以外でもチヤホヤされたりみんなから愛される事自体が本人にとっての報酬となり、色々な人に好かれても上手く人間関係をこなせます。

しかし私の場合、不特定多数に好かれてもその相手全員とはいい人間関係を保てない(ハッキリ断ってしまう)ため、チヤホヤ=苦痛(上手く断らないといけないから) でありデメリットなので、「無駄にいろんな人から好かれない方が得」だと思ってしまいます。

八方美人タイプに憧れはあるし、私もそうしなければならないと思って昔はずっと苦しんでました。

でも「このタイプは変えることができないから仕方ない」と思えるようになって、それを周りに言うようになったら、私と同様のタイプで苦しんでいた人がそれに気付いて楽になったと言ってくれたのでよかったと感じたのと、そのような経緯があり今回は書きました。

まとめ

✔️ 世の中には人間関係の作り方が2パターンある!

✔️ 八方美人タイプ・身内贔屓タイプどちらにもメリット・デメリットがある!

✔️ 身内贔屓タイプは生きづらさや人が苦手だと感じている人が多いが、違うタイプも存在すると認識する事によって生きやすくなる!

✔️ 他人に自分と同じ人間関係の作り方を求めないようにしよう!

 

NANA #60

コメント

タイトルとURLをコピーしました